両手に花でドライブ体験

車を運転していると、私はつい喋ってしまいます。独自の空間と言いますか密室的個室状態で、誰も聞いていないので喋ってしまうんです。

結婚前でも助手席に座るのは今の妻でしたが一度だけ両手にお花を持つ状態になった時があります。私の彼女つまり妻と妻の友人と私の3人で1日ドライブしたのです。あの時は私がそんな風になれるとは思っていませんでした。そして友人を迎えに行ってそのままドライブしに行ったのです。

会話も一人女性が加わると何時もとは違った雰囲気になります。もちろん複数の女性を乗せるのは今までも何度もありましたが、日帰り旅行で女性2人乗せるのは初めてだったのでちょっと緊張しました。

何時結婚するのと冷やかされたり、その気がないなら私どう?とかどうも何時もと違うんです。それでにやけているので私は凡人です。温泉に行こうと言う事になって一緒に行ったのですが、ちゃんと運転しないといけませんので注意しようと思っていました。

私は一人男湯、女性は二人で温泉に行きます。旅館のお風呂は気持ちが良いのですが、のぼせるといけないので最後は水を浴びて気を引き締めていたんです。それで待っていますと二人で出てきました。食事は旅館の離れみたいな所で3人で食べました。食事を取ってゆっくりしてコーヒーを貰い今日はここから1時間程の距離の神社に行く事になっているんです。

それで旅館を後にして出発です。美味しかったねとか又行こうよとか言っています。割り勘じゃなくて私の奢りなんだけど、と思いながら神社へ車を走らせます。そして参拝してそれも1つづつ本殿だけではなく小さな神社も3人で行きましてさて何を願ったかはそれぞれ違うでしょうけど、結構時間がかかりました。まあそれでも全部参拝して、友人と彼女を自宅に送り届けてドライブは終わりで午後9時頃に帰って来ました。