西国三十三か所巡りは楽しいドライブの旅

ドライブといえば、家族で行った西国三十三か所巡りを思い出します。
近畿地方に転勤になったのを機に、この場所でしかできない思いで作りをしようと夫が言い出したのがきっかけでした。

夫は独身時代、関東地方に住んでいた頃、仕事の合間を縫って車で坂東三十三か所巡りをしたそうです。
ちなみに夫は、特に信心深いわけではありません。ただ神社仏閣に少々興味があると言う程度、それでもたまさかの休日、車を運転して訪れた坂東三十三か所巡りはとても心癒された思い出だったらしいです。なので、私や子供達にも同じような体験をして欲しいと提案してきました。

もちろん私に異論はなかったのですが、当時子供達は小学校の低学年。神社仏閣にどれほどの興味を示してくれるのか、始める前は少々不安でしたが、どうやら休日ごとに車でお出かけというのに惹かれたようで、特に嫌がるそぶりもなく付いてきてくれました。どうやら子供にとっては目的地よりも、車でのドライブが楽しかったようです。

こうして一年ほどかけて、三十三か所すべてを巡り終えました。ちなみにすべてのドライブが順調だったわけではありません。中にはとんでもない秘境?に建っていた寺もあります。

そのお寺は山奥にあったのですが、ナビに従って細い山道を進んでいると、なんと途中でナビ情報が消滅。それでも引き返すスペースがない道なので進むしかなく、どんどん険しくなる山道に、家族全員が不安にかられたところで、やっと目的地のお寺に到着したこともありました。

もちろんこんなに苦労してたどり着いたのですから、いつも以上のお寺のご利益があったような気がします。またある時は、GWの渋滞にひっかかり、参拝時間に間に合わないということもありました。そのお寺は家から一番遠い場所にあったので、後日仕切り直すというのも大変だというので、お寺の近所で一泊することに。

ところがGWのためどこも宿泊施設は満杯、やっと探し当てた民宿で晩御飯にありついたときは、皆でホッとしました。その分、翌日ゆっくりお参りできました。ちなみにそのお寺は、三十三か所の中でも最も荘厳で、子供達もいつになく感動していたようです。

そんなこんなで、西国三十三か所巡りは楽しいドライブの旅として、私達家族の良い思い出になっています。

両手に花でドライブ体験

車を運転していると、私はつい喋ってしまいます。独自の空間と言いますか密室的個室状態で、誰も聞いていないので喋ってしまうんです。

結婚前でも助手席に座るのは今の妻でしたが一度だけ両手にお花を持つ状態になった時があります。私の彼女つまり妻と妻の友人と私の3人で1日ドライブしたのです。あの時は私がそんな風になれるとは思っていませんでした。そして友人を迎えに行ってそのままドライブしに行ったのです。

会話も一人女性が加わると何時もとは違った雰囲気になります。もちろん複数の女性を乗せるのは今までも何度もありましたが、日帰り旅行で女性2人乗せるのは初めてだったのでちょっと緊張しました。

何時結婚するのと冷やかされたり、その気がないなら私どう?とかどうも何時もと違うんです。それでにやけているので私は凡人です。温泉に行こうと言う事になって一緒に行ったのですが、ちゃんと運転しないといけませんので注意しようと思っていました。

私は一人男湯、女性は二人で温泉に行きます。旅館のお風呂は気持ちが良いのですが、のぼせるといけないので最後は水を浴びて気を引き締めていたんです。それで待っていますと二人で出てきました。食事は旅館の離れみたいな所で3人で食べました。食事を取ってゆっくりしてコーヒーを貰い今日はここから1時間程の距離の神社に行く事になっているんです。

それで旅館を後にして出発です。美味しかったねとか又行こうよとか言っています。割り勘じゃなくて私の奢りなんだけど、と思いながら神社へ車を走らせます。そして参拝してそれも1つづつ本殿だけではなく小さな神社も3人で行きましてさて何を願ったかはそれぞれ違うでしょうけど、結構時間がかかりました。まあそれでも全部参拝して、友人と彼女を自宅に送り届けてドライブは終わりで午後9時頃に帰って来ました。

営業の仕事のついでにドライブ

営業の仕事をしている関係で、車で関西の各地に行く機会が非常多いです。

もともと車の運転は嫌いではなく、そして行く場所も、市街地から郊外の「田舎」まであり、片道も長いと1時間半程度かかるので、それが私にとっては格好のドライブになっています。

営業の仕事とはいえ、それほど時間に拘束されてはいないので、自分の楽しみの一つとして、経路の途中にある神社仏閣に寄ったり、道の駅に寄ったりして、道中を楽しんでいます。

先日は、それで法隆寺に寄り、道草というよりもむしろ最初からそこに行くつもりだったんじゃないか、というくらいの熱心さと時間をかけて、参拝をし、博物館も見学してきました。もともと、寺好き、歴史好き、美術好きなので、本当にいい時間を過ごせました。

それだけではなく、道の駅にもよく寄ります。その地方でしか食べられない、地元のおばあちゃんが作った味噌とか、あるいはお菓子とか、農家直送の野菜とかを購入して帰ると、妻が非常に喜んでくれるので、これもドライブの目的の一つになっています。

そういう仕事兼ドライブの中で最近のお気に入りのコースは、近畿自動車道から南阪奈道路に入って、橿原に抜ける道です。

奈良と大阪の間には生駒山を中心にした山脈があるので、これを超えるわけですが、南阪奈道路はこの生駒山を越えて、奈良の盆地に入っていく道が、本当に盆地全体を見渡せる感じで、遠くには三輪三山もあり、その向こうの伊賀の山の方は緑がきれいで、本当に景色が良いのです。

特に夕方そのコースを通った時には、ちょうど西日が伊賀の山に照って、盆地全体が薄紫に輝いて、まるで日本画を見るように、得も言われぬ美しさを醸し出して、まさに絶景です。車をとめていつまでも見ていたい、と思うような景色です。

南阪奈道路は、奈良に入ると1車線になってしまって、必ずしも走りやすい道ではありませんが、しかしそういう絶景ポイントがあるンので、私にとっては好きなドライブコースです。