無計画ドライブの楽しさ

自由気ままに車を走らせるのはいいものです。いつも通る道を通ったり、知らない道をあえて進んでみたり、遠くに行ってみたり。知っている道でも、改めて通ると新しい発見があったりと素敵です。特に遠くに行ってみることがドライブの醍醐味だと私は思います。

一度、行けるところまで行ってやろうと思い、ただひたすら北に進みました。高速道路は利用せず下道でゆっくりと。その時、怖いのが燃料切れでした。見知らぬ場所で燃料切れになったらめんどうです。しかし、そう都合よく、近くにガソリンスタンドがあるとは限りません。だから少し余裕があっても、こまめに給油をしました。

トイレもけっこう困りましたね。田舎道だったりすると周りにお店がなく、そんな時にトイレに行きたくなると大変でした。なんとか間に合いましたけどね!で、結局行ったのが青森でした。今思えば良く行ったなーって感じです。
勢いってすごいですね。むしろ勢いしかない。

青森に行ったわけですが、特に観光はせずに、来た道を引き返しました。観光していってもよかったけど、時間がけっこう切羽詰まってましたから……。うーん、もっとスケジュールを空けておくんだったなと今更ながら後悔してます。

そして、帰路でも燃料切れとトイレとの恐怖に怯えることに……。知ってる道に出たときは、実家に帰ってきたかのような安心感がありました。家に帰ったらすぐに布団に横になりました。かなり疲れましたけど、楽しかったです!

ドライブの楽しさってのは、無計画に車を走らせることにあると思います。それは実際、青森にいって実感しました。そして、次はどこに行こうかと考えるのもまた楽しいです。次はもっとスケジュールに余裕を持ってドライブしたいなぁ。

南伊豆へのドライブ釣行

9月に入って朝夕心なしか涼しさを感じる様になり、もうすぐ秋本番を感じさせる日々。遠距離のドライブ釣行を趣味としている自分にとっても、この季節の変わり目は本当にワクワクさせてくれるものがある。

去年は真夏の炎天下、遠路南九州にまで足を伸ばしたが期待する様な釣果は得られず、肌に焼けつく様な暑さだけが心に残ったドライブであった。今年は去年の反省からも少し時期を遅らせ、しかも負担の軽い比較的近いエリアへのドライブ釣行をと計画している。

普段の休日早朝から日帰りで出掛けている南伊豆へのドライブ釣行もその候補の一つ。南房総と比べ殆ど高速料金を取られない上、道中山間や海岸線のワインディングを抜けてゆくのもドライブする上での一つの楽しみとなっている。

いつもは早朝までには現地到着、夕刻まで趣味の釣りに興じ、夕方から夜半までを東伊豆の温泉入浴施設に入り渋滞をやり過ごして帰るというスケジュールが定番だった。ただこれでは日中のスケジュールが押してしまう事もあり、今回は現地泊を挟んでゆったり現地で楽しみたいと思っている。南九州までのドライブコストが浮く分1泊程度は贅沢が出来るという訳だ。

また集中力のある朝方から昼間にかけてなら東伊豆や湯河原のワインディングを抜けるドライブは楽しさが先に来るのであるが、深夜集中力が途切れがち、ただでさえ眠くなる時間帯にこれらの道を抜けるのは若干危険が伴う。時として霧が発生するケースもあり、気を付けなければならない。まあ眠気が危険レベルと判断すれば、その時点で無理せず仮眠を取るのがベストだしそうするつもりではあるが。ヴォクシーなら車内で十分なスペースがあり仮眠どころか車内泊もOKだ。

最後の懸念である釣況であるが、今年はここ数年と比較してかなり良いパターンらしい。度々新聞やネットで目的地の好釣果が伝えられるケースも多く、今年こそは外れは無いだろうと楽しみにしている。

ドライブプランを立てる楽しみ

ドライブプランを考え妻に提案するのは、私にとって趣味とも言える楽しい時間である。

暇な時、例えば仕事の移動中や、休みの日に地図を見ながら、前回通った道を復習するかのように、指でなぞりながらルートを確認していくのも楽しみの一つです。
東伊豆方面は、何度も行っているのですが、東伊豆に行く時は、東京から東名高速を使い小田原厚木道路を経由して、135号線沿いに車を走らせ熱海まで出ます。

熱海では、海を見渡せる公園で愛犬の散歩を兼ねて一休みしながら、伊東や伊豆高原方面まで南下していくのが、良く行くパターンです。

伊東や伊豆高原には、お気に入りの温泉旅館があるので、日帰りで利用しています。特に好きなのは、伊豆高原駅の近くにある、花吹雪という旅館です。ここは、ランチを食べることもできるし、日帰りのみで貸切の温泉を利用することができるのです。

私達は夫婦で良く行くのですが、夫婦揃って貸切風呂で温泉にゆったりつかっています。この旅館は広大な森の中にあるので、温泉に入りながら、鳥のさえずりや木々のニオイを感じられるのと、とにかく静かに過ごせるのも良いです。たまにリスを発見した時には、静けさの中に自分の大声が響いてちょっと恥ずかしい想いもしたなどと、色々な事が思い出されます。

ちなみに、ここ最近考えているプランは、西伊豆方面へのドライブについてです。上記のように東伊豆は何度も行くのですが、西伊豆はちょっと遠い存在というかあまり自分でも関心を持っていなかったのです。そんな状況でしたが、たまには新たなドライブをしようと思い立ち、西伊豆から富士山を眺めたりするのも良いかなと考えています。

ところで、西伊豆に向かうにあたって、ルートをどうするか迷っているのです。東伊豆へ行くように、東名から小田原経由で熱海に出て、更に南下しながら、ぐるっと半島を周るように西伊豆へ向かうか。それとも東名高速で沼津インターまで行き、そこから南下して136号線を目指していくルートをとろうか、どうしようかと思っています。
西伊豆と言っても、最終的には松崎を経由して最南端の石廊崎を目指そうとも思っています。

ただ、石廊崎を目指すのであれば、東伊豆の135号線沿いを南下しても到着する訳なのですが、できれば今回は初めての西伊豆ルートを使うことに意味があるかなと妻にとってはどうでも良いような事を真剣に悩んでます。

妻にとっては、私が連れて行った場所が、素敵な場所で美味しいモノが食べられ、美肌になれるような温泉があれば、言う事ないのです。ですから、私は妻に対して、ドライブルートや立ち寄る場所なども含めて、提案していきます。提案の為、西伊豆だけでなく、いける範囲で他のエリアやその時期ならではの場所も探していきます。

予定では2月頃には行きたいので、河津にて河津桜も見てみたいとも考えているのです。河津桜はこの時期ならではの風物詩ですし、一年で一番脂がのると言われている金目鯛を食べるのも楽しみの一つにしています。そうやって東伊豆方面の観光スポットまで行こうと欲張ってしまうと、時間的な制約も出てくるので、またまた悩みどころです。

まずは、せっかく西伊豆方面に行こうと思うので、松崎の街並や堂ケ島洞窟めぐりなども天気が良いなら行ってみたいところです。沢田公園露天風呂からは、駿河湾を見降ろし綺麗な夕日をみれるようなので、温泉で富士山や時間が合えば夕日をみるのも良いかなと考えています。

そんなことを考えているだけで、かなりワクワクしてきて楽しくなってきます。
私にとっては、ドライブ旅行も楽しみですが、こうやってプランを練っているのも、素敵な過ごし方なのです。