西国三十三か所巡りは楽しいドライブの旅

ドライブといえば、家族で行った西国三十三か所巡りを思い出します。
近畿地方に転勤になったのを機に、この場所でしかできない思いで作りをしようと夫が言い出したのがきっかけでした。

夫は独身時代、関東地方に住んでいた頃、仕事の合間を縫って車で坂東三十三か所巡りをしたそうです。
ちなみに夫は、特に信心深いわけではありません。ただ神社仏閣に少々興味があると言う程度、それでもたまさかの休日、車を運転して訪れた坂東三十三か所巡りはとても心癒された思い出だったらしいです。なので、私や子供達にも同じような体験をして欲しいと提案してきました。

もちろん私に異論はなかったのですが、当時子供達は小学校の低学年。神社仏閣にどれほどの興味を示してくれるのか、始める前は少々不安でしたが、どうやら休日ごとに車でお出かけというのに惹かれたようで、特に嫌がるそぶりもなく付いてきてくれました。どうやら子供にとっては目的地よりも、車でのドライブが楽しかったようです。

こうして一年ほどかけて、三十三か所すべてを巡り終えました。ちなみにすべてのドライブが順調だったわけではありません。中にはとんでもない秘境?に建っていた寺もあります。

そのお寺は山奥にあったのですが、ナビに従って細い山道を進んでいると、なんと途中でナビ情報が消滅。それでも引き返すスペースがない道なので進むしかなく、どんどん険しくなる山道に、家族全員が不安にかられたところで、やっと目的地のお寺に到着したこともありました。

もちろんこんなに苦労してたどり着いたのですから、いつも以上のお寺のご利益があったような気がします。またある時は、GWの渋滞にひっかかり、参拝時間に間に合わないということもありました。そのお寺は家から一番遠い場所にあったので、後日仕切り直すというのも大変だというので、お寺の近所で一泊することに。

ところがGWのためどこも宿泊施設は満杯、やっと探し当てた民宿で晩御飯にありついたときは、皆でホッとしました。その分、翌日ゆっくりお参りできました。ちなみにそのお寺は、三十三か所の中でも最も荘厳で、子供達もいつになく感動していたようです。

そんなこんなで、西国三十三か所巡りは楽しいドライブの旅として、私達家族の良い思い出になっています。

両手に花でドライブ体験

車を運転していると、私はつい喋ってしまいます。独自の空間と言いますか密室的個室状態で、誰も聞いていないので喋ってしまうんです。

結婚前でも助手席に座るのは今の妻でしたが一度だけ両手にお花を持つ状態になった時があります。私の彼女つまり妻と妻の友人と私の3人で1日ドライブしたのです。あの時は私がそんな風になれるとは思っていませんでした。そして友人を迎えに行ってそのままドライブしに行ったのです。

会話も一人女性が加わると何時もとは違った雰囲気になります。もちろん複数の女性を乗せるのは今までも何度もありましたが、日帰り旅行で女性2人乗せるのは初めてだったのでちょっと緊張しました。

何時結婚するのと冷やかされたり、その気がないなら私どう?とかどうも何時もと違うんです。それでにやけているので私は凡人です。温泉に行こうと言う事になって一緒に行ったのですが、ちゃんと運転しないといけませんので注意しようと思っていました。

私は一人男湯、女性は二人で温泉に行きます。旅館のお風呂は気持ちが良いのですが、のぼせるといけないので最後は水を浴びて気を引き締めていたんです。それで待っていますと二人で出てきました。食事は旅館の離れみたいな所で3人で食べました。食事を取ってゆっくりしてコーヒーを貰い今日はここから1時間程の距離の神社に行く事になっているんです。

それで旅館を後にして出発です。美味しかったねとか又行こうよとか言っています。割り勘じゃなくて私の奢りなんだけど、と思いながら神社へ車を走らせます。そして参拝してそれも1つづつ本殿だけではなく小さな神社も3人で行きましてさて何を願ったかはそれぞれ違うでしょうけど、結構時間がかかりました。まあそれでも全部参拝して、友人と彼女を自宅に送り届けてドライブは終わりで午後9時頃に帰って来ました。

営業の仕事のついでにドライブ

営業の仕事をしている関係で、車で関西の各地に行く機会が非常多いです。

もともと車の運転は嫌いではなく、そして行く場所も、市街地から郊外の「田舎」まであり、片道も長いと1時間半程度かかるので、それが私にとっては格好のドライブになっています。

営業の仕事とはいえ、それほど時間に拘束されてはいないので、自分の楽しみの一つとして、経路の途中にある神社仏閣に寄ったり、道の駅に寄ったりして、道中を楽しんでいます。

先日は、それで法隆寺に寄り、道草というよりもむしろ最初からそこに行くつもりだったんじゃないか、というくらいの熱心さと時間をかけて、参拝をし、博物館も見学してきました。もともと、寺好き、歴史好き、美術好きなので、本当にいい時間を過ごせました。

それだけではなく、道の駅にもよく寄ります。その地方でしか食べられない、地元のおばあちゃんが作った味噌とか、あるいはお菓子とか、農家直送の野菜とかを購入して帰ると、妻が非常に喜んでくれるので、これもドライブの目的の一つになっています。

そういう仕事兼ドライブの中で最近のお気に入りのコースは、近畿自動車道から南阪奈道路に入って、橿原に抜ける道です。

奈良と大阪の間には生駒山を中心にした山脈があるので、これを超えるわけですが、南阪奈道路はこの生駒山を越えて、奈良の盆地に入っていく道が、本当に盆地全体を見渡せる感じで、遠くには三輪三山もあり、その向こうの伊賀の山の方は緑がきれいで、本当に景色が良いのです。

特に夕方そのコースを通った時には、ちょうど西日が伊賀の山に照って、盆地全体が薄紫に輝いて、まるで日本画を見るように、得も言われぬ美しさを醸し出して、まさに絶景です。車をとめていつまでも見ていたい、と思うような景色です。

南阪奈道路は、奈良に入ると1車線になってしまって、必ずしも走りやすい道ではありませんが、しかしそういう絶景ポイントがあるンので、私にとっては好きなドライブコースです。

それはよく集まるいつもの仲間とのドライブ

それはよく集まるいつもの仲間とのドライブ。

いつもの友人たちとドライブに出かけると、運転手が可哀想なんです。酒が大好きな友人たち。車に乗った瞬間から運転手以外の「大宴会」が始まります。

だれがどこで仕入れてきたのかわからないが、朝コンビニも寄らないうちに何故か酒が出てくる。そしておつまみの乾きものも…。昨日から仕込んでおくとはかなり気合が入っております。

もちろん運転手は「ノンアルコールビール」。
「こんなんじゃ楽しめない!」
とふてくされているが仕方ない。
「車出します!」
と立候補したあなたが悪いの。

朝から酒盛りが始まり、景色の良いところに差し掛かると、サンルーフを開けて顔を出して大騒ぎ。家族連れからはドン引きされます。異様な目で見られます。
こちらは運転手以外はほろ酔いなのでお構いなし。運転手ひとりがシラフなのでついていけません。

景色の良いドライブにはドライブミュージック!

無理です。酒盛りで盛り上がっているメンツには、ドライブミュージックなんて耳に入らないし、大騒ぎしているので聞こえない。運転手が「聞こえないだろ!」と言っても誰も聞いてない。

もちろん酒盛りするとわかっていて運転手は車を出したわけではありません。新車を購入したので見せたかったんです。

そんな酒盛り組。峠のカーブに差し掛かった時、悲劇が!キューっとカーブを曲がったときに、手に持っていた赤ワインのボトルが!!予想通りです。シートにジャーっとこぼしましたよ。(笑) 運転手絶叫!酒盛り組爆笑!

こぼした本人は爆笑しながらタオルでシートをこする。ますますシートにシミが広がる…。もう手がつけられず、そのまま乾かすことにしたのですが、そこにいるのは酔っぱい。構わず動き回るのでシミを踏んで、靴下にワイン、ジーパンにワイン、カバンにワイン、収集つかずにご帰宅となりました。

バカ騒ぎで、恥ずかしいかなとも思いますが、飲酒運転は絶対にしていないし、安全運転ですので、お許しを!

アテンザで思索する峠攻め

車大好き、運転大好きな自分。ひとりでもドライブに出かけることがあります。

車はアテンザスポーツ。女子でアテンザスポーツは関東圏では珍しいようですね。マツダのお膝元、広島ではよく見かけるんですが…。イケイケのお姉ちゃんがアテンザ(赤が多いです)で颯爽と走っていく姿はいたるところで見かけられます。

ひとりドライブは気ままでいいですね。誰に気を使うわけではなく、酒盛りが始まるわけではなく、どこに行こうが文句を言う人がいない。最高でございます。

アテンザなんて車に乗っていれば、することはただひとつ!

「峠は攻めるもの!」

ドライビングを楽しめるのも、ひとりドライブの醍醐味。ドライビングを楽しみながらも、車のコンディションをチェックします。弱くなっているところは後日メンテナンスします。

ドライブでは高速に乗ることもあるんですが、高速道路に乗ってエンジンの回転を回してあげることで、車の調子も良くなるんですよ。いつも街中ばかり走っていると、さほど回転が上がらないんです。たまにそういうことをしてあげることもメンテナンスの一環です。

そんなひとりドライブですが、人里離れた湖などに出掛けて休憩がてら湖を見ていると、高確率で管理しているおじさんに声を掛けられます。

自殺でもすると思われるんでしょうかね?そんな雰囲気をかもしだしているんでしょうかね??

ひとりドライブは色んなことを考えながら走ってます。仕事、プライベート。毎日忙しくしているとドライブの時間が取れた時には色々考えます。自己反省も含めてですが…。自分にとってはたまにしかできないひとりドライブは大切な時間となっています。

ドライブプランを立てる楽しみ

ドライブプランを考え妻に提案するのは、私にとって趣味とも言える楽しい時間である。

暇な時、例えば仕事の移動中や、休みの日に地図を見ながら、前回通った道を復習するかのように、指でなぞりながらルートを確認していくのも楽しみの一つです。
東伊豆方面は、何度も行っているのですが、東伊豆に行く時は、東京から東名高速を使い小田原厚木道路を経由して、135号線沿いに車を走らせ熱海まで出ます。

熱海では、海を見渡せる公園で愛犬の散歩を兼ねて一休みしながら、伊東や伊豆高原方面まで南下していくのが、良く行くパターンです。

伊東や伊豆高原には、お気に入りの温泉旅館があるので、日帰りで利用しています。特に好きなのは、伊豆高原駅の近くにある、花吹雪という旅館です。ここは、ランチを食べることもできるし、日帰りのみで貸切の温泉を利用することができるのです。

私達は夫婦で良く行くのですが、夫婦揃って貸切風呂で温泉にゆったりつかっています。この旅館は広大な森の中にあるので、温泉に入りながら、鳥のさえずりや木々のニオイを感じられるのと、とにかく静かに過ごせるのも良いです。たまにリスを発見した時には、静けさの中に自分の大声が響いてちょっと恥ずかしい想いもしたなどと、色々な事が思い出されます。

ちなみに、ここ最近考えているプランは、西伊豆方面へのドライブについてです。上記のように東伊豆は何度も行くのですが、西伊豆はちょっと遠い存在というかあまり自分でも関心を持っていなかったのです。そんな状況でしたが、たまには新たなドライブをしようと思い立ち、西伊豆から富士山を眺めたりするのも良いかなと考えています。

ところで、西伊豆に向かうにあたって、ルートをどうするか迷っているのです。東伊豆へ行くように、東名から小田原経由で熱海に出て、更に南下しながら、ぐるっと半島を周るように西伊豆へ向かうか。それとも東名高速で沼津インターまで行き、そこから南下して136号線を目指していくルートをとろうか、どうしようかと思っています。
西伊豆と言っても、最終的には松崎を経由して最南端の石廊崎を目指そうとも思っています。

ただ、石廊崎を目指すのであれば、東伊豆の135号線沿いを南下しても到着する訳なのですが、できれば今回は初めての西伊豆ルートを使うことに意味があるかなと妻にとってはどうでも良いような事を真剣に悩んでます。

妻にとっては、私が連れて行った場所が、素敵な場所で美味しいモノが食べられ、美肌になれるような温泉があれば、言う事ないのです。ですから、私は妻に対して、ドライブルートや立ち寄る場所なども含めて、提案していきます。提案の為、西伊豆だけでなく、いける範囲で他のエリアやその時期ならではの場所も探していきます。

予定では2月頃には行きたいので、河津にて河津桜も見てみたいとも考えているのです。河津桜はこの時期ならではの風物詩ですし、一年で一番脂がのると言われている金目鯛を食べるのも楽しみの一つにしています。そうやって東伊豆方面の観光スポットまで行こうと欲張ってしまうと、時間的な制約も出てくるので、またまた悩みどころです。

まずは、せっかく西伊豆方面に行こうと思うので、松崎の街並や堂ケ島洞窟めぐりなども天気が良いなら行ってみたいところです。沢田公園露天風呂からは、駿河湾を見降ろし綺麗な夕日をみれるようなので、温泉で富士山や時間が合えば夕日をみるのも良いかなと考えています。

そんなことを考えているだけで、かなりワクワクしてきて楽しくなってきます。
私にとっては、ドライブ旅行も楽しみですが、こうやってプランを練っているのも、素敵な過ごし方なのです。